クレジットカード現金化についての考察!!

クレジットカード現金化が違法かどうかについては立場や味方によっては見解が分かれていると言っていい状態にあります。いわば、明確に違法であるとも言えませんが、合法であるとも言えません。

一部では業者が摘発を受けたことが違法ということが証明されたような言い方をされていますが、クレジットカード現金化の行為自体が直接の摘発理由ではなく、出資法違反と貸金業法違反という他の法律を援用して摘発されたことでも違法かどうかが微妙な問題をはらんでいることが分かります。警察や弁護士会や消費者団体などは違法化の方向に向かうようにしていることは確実でもありますが、それはあくまでも業者が違法であるということであり、利用者が摘発されたり違法とされたりする可能性はかなり低いと言っていいでしょう。

もちろん、違法化になるかどうかは政治の状況などを把握しておく必要がありますが、違法化に向かうとしてはまずは業者の方を先にすると考えられ、利用者の方はそのあとであると思われます。法律の状況によってはどうなるかははっきりと断定することができないのです。

ただし、利用者にとっては法的に違法とされないとなっても、クレジットカード会社との関係は無視することはできません。それはクレジットカード現金化の行為が明らかにクレジットカード会社と利用者との間に結んでいる規約に違反することになってしまうからです。クレジットカード会社に知られなければ別にどうということはありませんが、クレジットカード会社は目を光らせていると言っていい状態ですから、隠し通すことは簡単ではありません。クレジットカード会社にばれてしまえば、クレジットカードの即時停止や代金の一括返済を迫られることもあります。ばれてしまえばちょっと面倒なことになってしまいます。

しかしながら、このような状態にあるにも関わらずクレジットカード現金化の業者はかなり堂々と商売をしているのも事実でありますし、そのことは利用者が一定以上の割合で存在しているということでもあります。

違法かどうかの問題を別にすると、現金化の還元率などがかなりいい業者の散見できますから、お金に切羽詰まって困っている人には悪いことばかりではないとも言えます。お金が必要であるが、簡単にお金が借りられるような状況ではないからクレジットカード現金化を利用するのですから、なるべくいい条件で利用しようとすることは仕方のないことといえます。

SNSでもご購読できます。