働く期間によって選びたい!稼げるバイト!!

バイトをするケースは、たいてい二通りに分かれています。

パートのように短時間勤務を長期間に渡って行うケースと、春休みや夏休みなど特定の期間のみ働くケースです。長期間のバイトでは普段の暮らしに無理を感じない、比較的楽な仕事を選択するのがいいでしょう。短い期間での労働では、多少無理してでもたくさんのお金を稼げるバイトを選びたいところです。

そんな稼げるバイトを選ぶうえで、まず重要になってくるのは時給です。日給制を条件にしている会社や店舗も少なからずありますが、ほとんどのバイトは時給制をとっています。勤務エリアやバイトの種類などにより時給額は大きく変動します。一般的に時給が高い地域は東京や大阪、愛知、福岡などの都会です。人口が集中する地域ほど時給は高くなる傾向があります。身体的な負担が軽い仕事よりも大きい仕事ほどのほうが高額です。また、他人には簡単に真似できない特別なスキルを持っている人ほど有利な条件で働けるようになります。

労働時間にもしっかり気を配る必要があります。

1日に1、2時間くらいしか働けないような状況では、稼げるバイトということはできません。労働時間よりも通勤時間のほうが長くなってしまうようなことでもあれば、たとえどんなに時給がよくてもたいした稼ぎにはならないのです。最低でも1日に4時間くらいは働ける仕事を選ぶ必要があります。

また、昼間の仕事よりも夜間のほうが稼ぎやすい傾向があります。午後10時から翌日の午前5時までの労働時間は、通常の時給に深夜割り増し手当てが加算されます。法律で決まっていることであり、仕事の種類やバイト先の都合にかかわらず必ず受け取ることができます。

女性向けの稼げるバイトは接客業です。

スーパー、家電量販店、デパートなどいろいろな勤務場所がありますが、特に多いのは飲食店です。若い女性が飲食店で働いていると、それだけで料理が美味しく感じることがあります。女性がいると場の雰囲気がとても明るくなるのです。元気があって話をするのが上手い人ほど効率よくお金を稼ぐことができます。男性向けは建設関係の肉体労働です。話の上手、下手は一切関係なく、体力が要求される仕事です。

体力のない人がこの仕事に就くのは大変苦労を伴いますが、体力に自信のある人であればスポーツをしているような気分でお金を稼ぐことができます。

労働期間が明確ではないバイトでは即戦力が求められます。教育に時間をあまり避けないことから、初心者よりも経験者のほうが優遇されがちです。また、人間関係を円滑に構築できる人ほど稼ぎやすくなっています。

SNSでもご購読できます。