2016年 3月 の投稿一覧

本当に儲かるアフィリエイト情報を得るためには!?

インターネット上には毎日のように新しい広告が載せられています。その中にはお金を稼ぎたいと思っている人にとって非常に美味しいと思える話も複数あり、本当にそんなおいしい話がたくさんあるのだろうかと自然とクビをひねってしまうほどです。

私の経験上、おいしい話が記述してある広告の内の9割以上が誇大広告です。1割は本当においしい話が記述されているのですが、その1割のために9割失敗していては仕事になりません。今日はその本当に美味しい広告の見分け方のようなものを伝授したいと思います。

本当に儲かるアフィリエイト情報が記述されている広告を見分けるにあたって、必要なことは次に記述する三点です。””過度においしい話であるということをアピールしていない””、””誰でもできるという言葉を用いていない””、””広告の色が黄色く無い””です。次の段落からはこの三点について、一つづつ詳しく紹介していくこととしましょう。

まず一つ目の過度においしい話であるということをアピールしない、とはどういうことなのでしょうか。これについては簡単で、儲かるアフィリエイトが記載されている広告は自らがそうであるということを決して主張しないのです。「一日5分で月30万円!」や「本当に稼ぐことの出来るアフィリエイト情報!!」といった典型的な文句を述べるということが全くありません。よくよく見ればおいしい話かもしれない…といった具合に、控えめに控えめに主張するものなのです。なぜならアフィリエイトで稼ぐために必要なこととして、過度なアピールはしてはいけないということを知っている人が出している広告だからです。

二つ目の誰でもできるという言葉を用いていないというのはそのまんまの意味で、「誰でも簡単に月30万円!」といった言葉が使われることはありません。

これは一つ目と同じで、アフィリエイトが誰にでも稼ぐことの出来る楽な仕事ではないということを広告を出している人が知っているからなんですね。今まで様々なアフィリエイトで失敗してきて、ようやく儲かるアフィリエイトの情報を知った人だからこそ、安易に””誰でも””なんて言葉を仕様しないというわけです。

三つ目の広告が黄色く無いというのはどういう意味なのでしょうか。そのまんま、黄色くない広告であればよいのでしょうか?そういうわけではありません。黄色くない広告というのは、言い換えるならば、性を主張しない広告ということになります。「女性なら簡単!」やら、「男性にうってつけ!」といった文句を使用していないということですね。

クレジットカード現金化についての考察!!

クレジットカード現金化が違法かどうかについては立場や味方によっては見解が分かれていると言っていい状態にあります。いわば、明確に違法であるとも言えませんが、合法であるとも言えません。

一部では業者が摘発を受けたことが違法ということが証明されたような言い方をされていますが、クレジットカード現金化の行為自体が直接の摘発理由ではなく、出資法違反と貸金業法違反という他の法律を援用して摘発されたことでも違法かどうかが微妙な問題をはらんでいることが分かります。警察や弁護士会や消費者団体などは違法化の方向に向かうようにしていることは確実でもありますが、それはあくまでも業者が違法であるということであり、利用者が摘発されたり違法とされたりする可能性はかなり低いと言っていいでしょう。

もちろん、違法化になるかどうかは政治の状況などを把握しておく必要がありますが、違法化に向かうとしてはまずは業者の方を先にすると考えられ、利用者の方はそのあとであると思われます。法律の状況によってはどうなるかははっきりと断定することができないのです。

ただし、利用者にとっては法的に違法とされないとなっても、クレジットカード会社との関係は無視することはできません。それはクレジットカード現金化の行為が明らかにクレジットカード会社と利用者との間に結んでいる規約に違反することになってしまうからです。クレジットカード会社に知られなければ別にどうということはありませんが、クレジットカード会社は目を光らせていると言っていい状態ですから、隠し通すことは簡単ではありません。クレジットカード会社にばれてしまえば、クレジットカードの即時停止や代金の一括返済を迫られることもあります。ばれてしまえばちょっと面倒なことになってしまいます。

しかしながら、このような状態にあるにも関わらずクレジットカード現金化の業者はかなり堂々と商売をしているのも事実でありますし、そのことは利用者が一定以上の割合で存在しているということでもあります。

違法かどうかの問題を別にすると、現金化の還元率などがかなりいい業者の散見できますから、お金に切羽詰まって困っている人には悪いことばかりではないとも言えます。お金が必要であるが、簡単にお金が借りられるような状況ではないからクレジットカード現金化を利用するのですから、なるべくいい条件で利用しようとすることは仕方のないことといえます。

お金を稼ぐ方法は帳簿付けと副業

お金を稼ぐ方法は簡単ではありませんが、しっかりとした計画性を持ち、それに向けて努力すれば、きっとお金は現在よりも増えていくことでしょう。ここではお金を稼ぐ方法についていろいろ考察していきます。

1、働いて稼ぐ
働いてお金を稼ぐのは、至極まっとうな方法です。毎日コツコツ働き、お給料を貯金していくと、口座にお金が増えていくのを実感できるでしょう。これが一番普通にお金を稼ぐ方法になります。働いていてもお金がない人がいますが、それは生活の見直しをしていないからです。コツは帳簿をつけることです。帳簿をつけ、日々の収支をしっかりつけていれば、お金は増えていくものです。生活費を見直し、支出を抑えて収入をしっかりと管理していくことこそが、お金を稼ぐ方法の中でも一番実現性があることなのです。

2、副業で稼ぐ
近年、インターネットが隆盛を極めてきており、クラウドソーシングが流行り始めてきました。もともと、SOHOのような形でライティングやデータ入力などを在宅で行う人はいたのですが、2010年代からはクラウドソーシングサイトが複数登場していて、私はそこで3年ほど食いつないでいた時期がありました。

どういう形でお金を増やしたのかというと、元々、文章を書くことが大好きだった私はライティングに目をつけました。クラウドソーシングサイトに登録し、本人確認を済ませ、ライティングをする日々がスタートしました。だいたいが記事を書いて納品し、クライアントが承認したら報酬が手に入るという形になっており、自分で仕事をしただけ報酬が入るシステムはとても魅力的でした。

月に入った金額は多い月でだいたい3万から4万円ほどでしたので、クラウドソーシングサイトを使って稼ぐにはうってつけの金額でした。その代わり、毎日パソコンの前に張り付いていなければならなかったので、それがきつかったですね。

クラウドソーシングと並行して、私はウェブサイト運営にも手を広げました。自分で運営していたサイトに広告を貼り付けて、その広告収入も得ていたのです。ライティングと広告収入の2本柱で月にだいたい10万円ぐらい稼いでいた時期は、ライティングと広告収入を得るためにブログを書くというスタイルで暮らしていたため、ほぼ丸一日、デスクの前に座って入力作業をしているような感じでした。しかし、お金を稼ぐ方法はこれしかないと踏んでいたこともあり、しばらくはそういった形で暮らしておりました。

この方法が自分にとって最もよいと思ったのは、好きなことをお金に変えていたので、一日中仕事をしていても辛くなかったということなのです。「好きなことは努力と感じない」と言いますがまさにその通りであり、一日12時間以上、仕事をしていたのではないかと思います。

お金を稼ぐ方法は他にもありますが、私が行った方法は、帳簿付けをしっかり行い、日々の収支を管理し、副業を行って口座残高を稼ぐという方法でした。みなさんも最近はクラウドで仕事をする人も増えてきているので、ぜひ、興味があればやってみてください。